こたえなんていらないさ

ぼくらは自由だ。刀ミュは奇跡だ。佐藤清光推してます。

刀ミュ 阿津賀志山異聞2018巴里 日替わり部分の記録まとめ(石切丸似顔絵など)その1:8/4(土)-8/11(土)

あっという間にもう9月になってしまい、本当にびっくりしています…!
阿津賀志、楽の後は予想どおりに見事に燃え尽きまして、いや悔いはいっさいないのですが…なんか「おわっちゃったんだなぁ…」ってぽかんとしてしまっていて。。
全然振り返りもなにもできてないまま、このままだと記憶が薄れるどころか単騎が始まってしまう!?と焦ってるのですが!
とりあえず記録メモっぽいやつだけでもあげておこうかな?と。将来の自分のために!エーーン!!!涙
もはや、なんか正直思い出すのもつらくなってきて。あまりにも毎公演が楽しくて、もう全部、夢だったかな?なってて…いやしっかりしてわたし。

えぇと気を取り直して、主に一部で日替わりだったところ、つまりは石切丸の似顔絵シーンだけなんですけど笑、そこだけは何となくツイッターでメモを残すようにしていたので、字数の都合でツイッター上ではカットしたところなども再構成してまとめました。
そのほかで日替わり要素といえばもちろん二部の禊なんだけど、全然レポ残してなくて。なんでよ私。
なので禊は手元に記録がある日だけ書きました!(つまり、禊はほぼ推しの日しか記録がねぇ!笑)
というわけで見に行った公演ぶん、時系列で以下だーっと行きます!

8/4(土)マチネ
  • 石切丸の似顔絵日替わり

石「おや、こうしてみると、加州清光さんは口元に素敵なほくろがあるんだねぇ」
清「あっそうそう。」
石「せっかくだから、ほくろを大きく描いておこう^^」
清「なんで!?笑」
(清光が似顔絵見せられたあとの台詞は失念!)

→その後、三日月に見せるくだり
石「ほら、どうかな?」
三「おぉ、時間遡行軍かな?(※言いながらめっちゃ笑ってる)」
(客席大爆笑w)
石「加州清光さんだよ!?」

公演進むにつれてわかるのですが、三日月の返し「時間遡行軍かな?」は、その後客席爆笑の鉄板になりました。笑

この日はメモ残ってたらから禊も!

  • 禊 指名:三日月

清「それで、どんなふうに鍛錬を怠ったのさ?」
三「…月が、美しかったのでなぁ^^」
客席\フゥ~~~~~!!!!/
清「ふーん。で、どんな風にサボってたの?」
三「…月が、美しかったのでなぁ^^」
客席\フゥ~~~~~!!!!/
清「(イラッ)…おじいちゃん。どんなふうに、さぼっ…もういいや。笑」

~禊~

三「主よ。…俺のことをどう思っているのだ?」
(客席、意図がわからず「???」となって、つまりは無言)
三「…あれ?笑 …もう一回やろう!(キリッ)」
岩融あたりが「よし、もう一回やろう!笑」って加勢してくれてた笑)
三「もう一回いくぞ!?笑 …主よ!俺のことをどう思っているのだ?」
客席\だいすき~~~!!!!!!/←若干笑い声交じりw
三「そうかそうか。はっはっは、可愛い奴め。…近う寄れ❤」
客席\キャ~~~~~~!!!!!/

…てきな感じだったはず!
三日月の問いかけ、ほんとになんて返すべきだったのかわからなくて、
「どう思っているのだ?」っていやアナタそれはオープンクエスチョンがすぎるやろ!笑 って感じだったんですけど、
めげずにすぐに自ら「もう一回!」って笑顔で言う天下五剣、カッコイイ俺への全面の信頼感が溢れてて「コレだよコレ!よっ、刀ミュの三日月宗近!」って思いました。笑
いや~~だってほんと、かっこいいよね!見てて笑いが出るくらい徹頭徹尾カッコイイよね。まりちか様。
こういうところ、かっこいい+可愛いが絶妙なまりちか様らしくて好き~って思いました笑
あと「おじいちゃん。」って三回目呼びかけるも諦めて、「もういいや」って投げちゃう清光も可愛かった~~~!
三日月の禊に関しては「月が美しかったのでな^^」の返しが毎回固定だったと思うんだけど、「もういいや。」って投げた清光はこの日しか見れなかった~!

8/4(土)ソワレ
  • 石切丸の似顔絵日替わり

石「そのまま、動かないでいてもらえるかな?」
清「え、なんで?」
石「似顔絵を描こうと思ってね。…まずは、右腕から描こうかな」
清「…なんで右腕から?笑」
石「おや、加州清光さんは、口元に素敵なほくろがあるんだねぇ」
清「あ、そうそう(ニコ)」
石「せっかくだから、右腕にもほくろを足しておこうか^^」
清「…なんで!?笑」
石「ほら、出来たよ」
清「どれどれっ、…これ右腕しかないじゃん…(※めっちゃ小声で本気で笑ってる感じの言い方)」

→その後、三日月にみせるくだり
石「ほら、加州清光さんだよ」
三「…右腕が特徴的だなぁ!笑」

笑いをこらえる清光が可愛かった!
このあたりで「もしや本当にその場でアドリブで絵を描いている?」と怪しみ始めました。

8/5(日)マチネ
  • 石切丸の似顔絵日替わり

石「まずは、鼻と口と、輪郭から…おや、こうして加州清光さんを見てみると、とてもしゅっとしていて、素敵だねぇ^^」
清「…ありがとう笑」
石「目もあるねぇ^^」
清「…当たり前だね?笑」
石「よし、できた」
清「どれどれ…。ぶっw(※絵を見て堪えきれずに吹き出す)」

→その後、三日月にみせるくだり
三「おぉ、芋けんぴかな?」
(客席大爆笑w)
石「いや、加州清光さんだよ!茶菓子ではないんだけどなぁ…」

…ここで、本格的に日替わりだということを察知しました!
どうやったら芋けんぴみたいな似顔絵になるんや!?笑
素にギリギリならないように必死で笑いこらえてる感じの清光が、ほんっと~~~に可愛くてさぁ~~!!!涙

8/5(日)ソワレ
  • 石切丸の似顔絵日替わり

石「まずは、目と鼻と…おや、こうしてみると、加州清光さんは綺麗な顔立ちをしているねぇ^^」
清「(嬉しそうに)ありがと笑」
石「何か努力していることはあるのかな?」
清「んー、今ぱっと思い浮かばないかも。」
石「では、何か意識していることはあるのかな?」
清「(え?って笑いながら)…あ、でも、日焼け止めとか」
石「(遮る)できた!」
清「(呆れながら)あのさ!?笑 どれどれ…。美、って書いてある。笑」

→その後、三日月にみせるくだり
石「どうかな?」
三「…おや、俺かな?(嬉しそうに)」
石「加州清光さんだよ!」
三「(?って顔で、笑顔)美 と書いてあるぞ?」

美、つまり当然、俺!な天下五剣が最高すぎて吹いたやつです。笑
もうほんと、そういうとこだよ!!!(ほめてる)

8/9(木)マチネ
  • 石切丸の似顔絵日替わり

石「まずは輪郭と、鼻と…おや、こうして見ると、加州清光さんは意外に目がしゅっとしているんだねぇ」
清「え、そう?(不思議そうに)」
石「素敵だよ^^」
清「ありがとー」
石「よし、できた!」
清「どれどれ…え、これ誰?」
石「小狐丸さんだよ^^」
清「俺関係ないじゃん!?」

たしかに清光おめめぱっちりだもんね!シュッとしてないもんね!!!
この回は2階で見てたこともあって、石切丸と三日月のその後のやりとり聞き取れなかったです~涙
客席がわ~って湧くと舞台上の声わりと聞き取れなくなりがち!

8/9(木)ソワレ
  • 石切丸の似顔絵日替わり

石「まずは、輪郭と、鼻と…」
清「なぁに?あ、似顔絵か」
石「絵というものは奥が深いんだよ…(なぜか描きながら清光の背後に回り込む)」
清「え?なにこのままでいいの?(なんで俺描いてんのに後ろにいるの?と不思議そう)」
石「うん、素敵だよ~」
清「ありがと?笑」
石「よし、できた!」
清「どれどれ…何これ。」
石「湯のみだよ^^」
清「…なんで!?笑」

→三日月に見せるくだり
石「うまく描けたつもりだったんだけどなぁ…ほら、どうかな」
三「おぉ、これはなかなかよい湯のみだな!」
石「そうだよねぇ^^」

このあたりから石切丸さんのボケが加速し始めた。笑
後ろに回り込んだから三日月描いてるのかな!?と思ったら、題材がまさかの湯呑で爆笑しました。

8/11(土)マチネ
  • 石切丸似顔絵日替わり

石「まずは、輪郭から…」
清「え?なに、あ、似顔絵ね」
石「おや、こうしてみると加州清光さんは綺麗な顔立ちをしているねぇ」
清「ありがと(ニコ」
石「何か秘訣はあるのかな?」
清「んー、でもぱっと出てこないかも。」
石「では、何か意識していることはあるのかな?」
清「あー、でも日焼けしないようにきをつけt」
石「(途中で遮る)ふぅ~ん…」
清「ねぇ聞いてる!?」
石「他にはなにかあるのかな?」
清「えーっと」
石「(遮って)よし、できた^^!」
清「やっぱり聞いてないじゃん!?笑…どれどれ…え、これなに。笑 なんか生えてない?」
石「加州清光さんだよ」
清「なんか、山芋みたい…笑」
石「そうかなぁ?うまくかけたと思うんだけどなぁ」

→三日月に見せるくだり
石「ほら、どうかな?」
三「おぉ…山芋かな?」
石「加州清光さんなんだけどなぁ?」
三「おぉ?…おいしそうだな?笑」

なにを描いたら山芋みたいになるんだ!?って思いました。笑
加州清光さんなんだけどなぁ、のあとに「おいしそうだな」でまとめちゃうおじいちゃん、さては「山芋みたい」のインパクトから逃れられなかったものとみえる。
ていうかあそこ、三日月うつらうつらしながら、石切丸と清光のやり取り聞いて、直後になんて返すか考えてるんだろうな…って思ったら可愛すぎてつらくなった。笑

この回は禊が三日月~!

三「あぁ、俺か〜^^(※圧倒的に嬉しそうな困り顔)」
清「さっきの時間なんだったの!?笑…もう、サボってたんじゃん!」
三「…うっかり。(ニコッ)」
→禊のお題
清「都の熱を和らげる、鴨川のせせらぎのように涼しげでカッコいい一言で。」
だったのに、
前振りする今剣「都の熱を和らげる、鴨川のせせらぎのように涼しげでカッコいい"小芝居"!」に突然勝手に改変
三日月「ん・ω・;?」
岩「三日月殿。…汗がすごいぞ」
三「…小芝居。?笑」
今「はい!みかづきさまなら、いけるかとおもいまして!」(あくまでも天真爛漫)
三「…あぁ!そうだな!やろう!」(的なやけくそかな?みたいな開き直りだった笑)
~禊~
「畑というのは、難しいものだなぁ。…おぬしの好きな油揚げをたくさん作れるほどの、大豆からたくさん作っておくぞ!だから、早く戻ってこい。」

てきなかんじだったけど、セリフの一つ一つはうろ覚えです、すいません!
いきなり「かっこいい小芝居!」って言い放ったいまつるちゃんが面白すぎました。小芝居て!笑

8/11(土)ソワレ
  • 石切丸の似顔絵日替わり

石「あっ、今日は加州清光さんに描いてもらおうかなぁ」
(客席、ちょっとわぁ~!ってどよめく)
清「え、俺が描くの?似顔絵描けばいいの?」
石「あぁそうだよ」
清「(おとなしく受け取って)…よし、できた」※めっちゃ早い
石「おや、もうできたのかい?どれどれ…おや、これは…」
清「(石切丸のリアクション見らずに三日月へw)はいお茶片付けるよー!」
石「これは…(客席に帳面を見せながら)石切丸、と書いてあるね?似顔絵を頼んだつもりだったんだが…」
三「どれどれ。…これは、字だな。笑」
岩「字だな。」

ななめに見開きで「石切丸」ってのびのび書いてありました!笑
私が見た限りでは清光に描いてもらう流れはこの一回きり、他の回でも友人から聞いてないしコレ限りだったのかな!?

そしてこの日は清光が禊だった~!
この時期、禊がずっと小狐丸シリーズでしたね。うん…。涙

  • 禊 指名:清光

三「ところで…どのように鍛錬を怠っていたんだ?(やたら生き生きと詰め寄る)」
清「それはー、なんか…色々、忙しくって。」
三「そうだなぁ、それは知っているぞ!…だが、許さんぞ!❤️」

~禊~
清「…まとめ役が俺一人ってのも、無理があるんだよなぁ〜、だからさぁ、早く帰ってこいよぉ、小狐丸ーーー!!!」
→客席が湧いた後、右手で作ったキツネで自分の左手のひらをつつき続ける清光
(他の男士たちから)「それは何をしているんだ?」
清「餌あげてるの。」

ねぇ、その「だが、許さんぞ!」って何目線、ってなったんですけど、これも多分毎回やってたぽいかな…。笑
とつぜん餌あげだすの、かわいすぎたよ清光…というか、珍しくここはうっすら流司くんすぎました。笑
たしかに、あのメンツにこぎちゃんいないと、ツッコミ不足だよねぇ~~~;;
とくに、青い人と緑の人の自由度がひどいよね!
っていうのもなんか中の人みあって、ちょっと萌えてしまうところあるな…!(今気づいた)
…ウゥーーーあつかしーーーー!!!!!team三条with加州清光~~~!!!!!涙


さて更新するか、と書いたものを読み返してたら、やっぱり記憶が蘇ってきて;;ウエーーン!!!あつかし見たいよぉ~!!!ってなっています。涙
終わった直後は燃え尽きてて、いやもういいかな、ってたとえ思っても、やっぱりしつこく記録を残すことって大事なんだよなぁ…。

ここまででそこそこ長くなったので、後半は分割して別記事であげまーす!