こたえなんていらないさ

主に刀ミュ(ミュージカル『刀剣乱舞』)を愛しながら、舞台まわりをぐるぐるしている人

Lost The Memoryから獣まで、ライブパート全曲振り返り!~らぶフェス2018を総括しての感想、その1~

仕事納まった!年末年始だ!というわけでやっとできるぞ、らぶフェスの振り返りやるぞイェーーーイ!!!
アホほど長くなることが確定してるこの記事、構成案を考えてたんですが(本気)、

  • ライブパート全曲の思い出コメント

の後に、

  • らぶフェス全体への思いの丈

をまとめよう!お祭り曲はその性質上、らぶフェス全体に含めて書こう!
…ってしてライブパートについて書き始めたら、なんか字数がどえらくやばいことになったので、2記事に分割しますw マジでくれぐれも暇な時だけ読んでください!
(スクロールしたらその長さに引くと思うんだけど、なんせライブ部分だけで25曲あったので…)



なんと!今年はらぶフェス3年目にして初めて、楽曲リスト、いわゆるセトリが公開されました!
ミュージカル『刀剣乱舞』真剣乱舞祭2018 | ミュージカル『刀剣乱舞』公式ホームページ

いや~これ普通に欲しすぎたやつだね!?新曲のタイトルがわかるって素晴らしいな!!?
ディレイ配信は見る時間がないことが明らかで買わずじまいだったため「やべ~振り返りしたくてもセトリの正しい順番自信ないわ~」と思ってたので大変助かった。
というわけで早速、ライブパート全曲にコメントしていくぞ~!

  • Lost The Memory

「そう…それが祭りだ!」の天下五剣の宣言の後、バーーーン!!!炸裂する火薬とポップアップで登場する刀剣男士たち…!ライブの幕開けにふさわしい華々しさ。
もう、これね…音源配信始まってから通勤するとき毎日聞いてて。好きな曲過ぎて…言葉が出ないんだ…いやしょっぱなから言語化を諦めすぎでは!?
なんだろうね、この胸を締め付けられうようなかっこよさは…?ってなるんですよ。
「祈りよりも強くただ 呼びかける君へ」が好きすぎて…だって、祈る気持ちよりも君を呼ばう声の方が強いんだよ…?涙
なんて表現したらいいんだろうなこの感覚。twitterはともかくブログでは便利に「エモい」を使うことを自分に禁じてるんですが、こういう時エモいって言うしか無いよね、なる。
ラストの大サビで、三日月がソロを担当するのですが、その時の演出が本当に美しくて。
花道を進んでCメロ直後にたどり着いた先のセンステ、せり上がって高くなったその中央に一人立つ三日月。正面からのライトが一旦落とされて、そのかわりまるで後光が指すように背後からのスポットライトが当てられる。そうして最初にシルエットだけが黒く浮かび上がったのちに、ぱっと切り替わった正面からのライトに照らされて、眩しく白い光の中に現れる三日月の姿…そこに重なる透き通った歌声!!!
うわ~~~もうダメ思い出しても泣けてくる…!!!
センステの正面から見られた回が一回だけあったんですが、そのあまりの美しさに茫然となって息を飲みました。呼吸を忘れるほどに、本当に本当に、最高の光景だった…!

  • In My Light

ろすとざめもりーも大好きなんですが、私の中の阿津賀志巴里でNo.1愛してるソングはこれなんです…!
当然のように三日月固定カメラなんですけど、阿津賀志巴里に比べると、ダンスがよりダイナミックになっていて!体を目一杯使ってる印象がありました!
勝手な印象だけど、おそらく会場の大きさに負けないように、遠くのお客さんまで届くように全身を使って表現をしていたのかなー!って感じました。ほんと、めちゃくちゃ全力で踊っていて、端的に言うともう、かっこよすぎて…言葉にならん…
阿津賀志巴里で目に焼き付けまくっていたけど、でもアーカイブ配信が始まるとどうしても記憶が映像で上書きされちゃうとこあるから。歌ってないパートでバックで踊り狂ってる三日月が大好きだったから、また見られて嬉しかった。。。
★この曲に関しては、らぶフェス2018の個人的サビに該当するくらい熱烈に言いたいことがあるので、その2で触れ直します!

  • 断然!君に恋してる

もう、とにかく絶対に聞きたかった曲。あまりにも楽しくてハッピーなナンバー…!
ペンライト両手にうっすら踊らざるを得ません。迷惑にならない程度にわりと、踊ってしまっていた…!
もうむ~り~!のリアクションをペンライトのばってんで返すのとか、楽しすぎん…?
三者三様、それぞれに本当にベリキュートで。何より、三人がめっちゃ楽しそうなんだよ!見ていて笑顔にならずにはいられない!
この曲に入る前の、パリが近いと勘違いしている膝丸を諭しつつも、結局うっすらからかっている今剣岩融コンビが最高でしたよね。ばびゅーん!って飛行機やらせたり。「まあ、嘘なんですけどねww」って言ってるいまつるちゃんがめちゃくちゃかわいかった…宮城だったような気がする…!

  • Just Time

「へ~、ここが巴里かぁ」「違うぞ兄者!」っていうやり取りから始まるの微笑ましすぎた!
このお二人に関してはもう、双騎も決まっているし、もはや貫禄のステージという感じでした。どんなに大きな会場でも決して負けない、あのパフォーマンスのサイズ感よ…!
もうさ~ほんっと楽しそうでここ二人も!お互いがやりたいようにやってもツーカーで返ってくる、実力が拮抗してる者同士だと思う。それを心から楽しんでる感が見て取れるというか。なんか、思うんだけど、刀ミュの中でも最強のバディ感あるよね…?肩並べてる感というか。シンメの定義が正しくわからないのであれですが、これがシンメと呼ばれるやつですか…!?
花道~センステへの移動ではこれでもか!というくらいそれぞれの身体能力を見せつけてきましたよね。兄者のピルエットからの着地、脚の仕組みどうなってるん!?って思いながら見てた。
あとやっぱ、普段「兄者!!!」って振り回されてる弟であるところの膝丸が、ライブ曲になると全力で「楽しい!!!!」って顔で暴れまわってる姿見るのがマジで好きです。
Cメロの「また世界は続く」のところ、ラストサビ前の直前で、お互いに腕を空中で斜めに重ね合わせる源氏兄弟みてて「とうとい」って思いました…!

かっこよかったーーーー!!!!!!!
むすはじの6人、見事なまでに個性がバラバラだなと思うんですよね。だからこその仲の良さかな?って思うんだけど、6人でひとつのユニバース感あって。ユニバース、って単語を連想しちゃうのはむすはじの曲に引っ張られてるせいだとは思うんだけど。(※今回のらぶフェスでは歌われなかったけど、Brand New Skyの歌詞にあるGo to the Spaceを指しています)
若々しいけど、ちょっぴりアダルトさもある。なんだろう、本当にいろんな色合いのあるチーム。安定は明るくて真っ直ぐな力強さを、堀川くんはどこまでもピュアでありながら芯の強さを感じさせるし、兼さんはもう、本当に「かっこよくて強い」を体現してて。むっちゃんから溢れ出るフレッシュさと巴さんからダダ漏れる華やかな大人の色気。そして長曽祢さんからは漢気とダンディズムからくるセクシーさ。
同じ曲を歌っていても、刀剣男士によって表現がほんとに違うな~というのを強く感じるチームです。
Kissing, Kissing, Kissing…って実はめっちゃヒエエな歌詞を歌っているのもまたツボ!

  • Heart-To-Heart

イントロで「うあぁ」なった幕末天狼傳ロスおばけです。はい。
はっちがいて嬉しかった~~!!!はっち~!!!!涙
なお今回の振り付けが幕末天狼傳の公演と違うのは、幕末天狼傳だけはその他公演と振り付け師さんが違うためかと思われます(2016はらぶフェスのクレジットに二人共お名前があったけど)。
この曲は…ちょっと…土方組がたいへん…。
今回わりと上手にも下手にも満遍なく入ったのですが、上手=堀川くん、下手=兼さんがそれぞれ担当で、あの微妙に高さがせり上がるサブステージ的なところで2番のBメロ→サビを踊るんですよ。
ここがも~~~私(及びマブ)の中での涙腺決壊ポイントだった…。
堀川くんはさ、しょごかわくんなわけで、しょごかわくんが歌って踊るHeart-To-Heartは当然初めて見るわけなんですけど、もうその姿があまりにも正統派に王子様で…!?炸裂するピュアさにもうなんか言葉を失う。涙でました。。
兼さんはさ!!!本当に!!!本当にかっこよくなった!!!!!!!!!!涙
むすはじの時にも思ってはいたけど、そこから更に進化してて…幕末天狼傳の時とはひと回りもふた回りも大きくなったその姿に「なんて成長してしまったの!!??」って感動しすぎてどうしたらいいかわかんなかった…。兼さん…より、かっこよくてつよくなった…なんか悩ましげな表情とかするようになっちゃってサー!!!!!涙
お互いの後ろのスクリーンに、踊っているペアの片割れの様子を映すっていう演出も確信犯すぎて最高でしたね…。

引き続きはっち参加!なので嬉しくてペンライトははっちの色にしていたよ!!!
この曲も楽しくてしかたない。美しき日々、つまりは今のことかな!?って思いながら聞いてた。
あと「美しき日々の己という大役」という単語に、勝手に励まされてしまう。そうか、己って大役なんだ!って元気でる。私も自分の日々を頑張らねば!ってなる(スーパーポジティブ)
安定が花道でちょっとアクロバットやってるのもかっこよかった!!!鳥ちゃんの安定本当に好き…。あのちょっぴり(だいぶか?)お調子者だけどどこまでも真っ直ぐでおとこらしいっていう方向性を安定というキャラクターに表現してくれた刀ミュが、私は本当に大好きです。。。
あとむっちゃんの「天地舞台に」らへんの振り付けを踊る時の動きが可愛くて超好きです。

  • Can you guess what?

この曲もどうしても泣いてしまうやつ…本当に大好き。イントロめちゃくちゃ高まりますよね!?
みほとせ初演時はほぼ青江固定カメラだった私なんですが、今年のらぶフェスで本当に度肝を抜かれたのは物吉くんの進化でして…!
別人レベルに、魅せる力が爆伸びしてて、本当にびっくりしたの…!
自信に溢れているっていうか、意識してお客さんを虜にしよう、楽しませよう、という姿勢がビシバシ伝わってきて、その成長に感動してやっぱり涙出てしまってた。
あとは「幾千の星の元で 出会い別れを繰り返し ぶつかりあった魂よ」ですね。。。
からちゃんがいないことが本当にさみしくて…だけどここで花道を前進してくる村正派の説得力が素晴らしくて。
「逃れられぬ使命に」からの石切丸→青江リレーはやっぱ反則だった。メインステージに一人残って「さらけ出せるのは貴方だから」を歌う青江の表情が回により異なりながら、常に測定不能なほどに青江率100%すぎて、ウゥ…あらきさん…!!!ってなりました。

  • ゆうやみ

えーーーん泣かせにきてるでしょ!?って思った!!!
どうしても、五振りなことがさみし~~~~ってなっちゃうね…
だけど全員の顔がとても穏やかで優しくて。ゆっくり回転するセンステに腰掛けて客席に思い思いに手を振る五振りの様子があまりにも可愛らしかったので、オルゴールかな…ってなりました。ネジを巻いたら回りだす美しいお人形たちだったよね…
幕張はステージが横にのびたので見られなくなってしまったんですが、Cメロあたりでメインステージ中央にいち早くたどり着いた村正が、階段のホコリを払うみたいな仕草をして、みんなの座る場所を用意して、早く早く~!来るのデス!って感じで、頭上の高い位置で手招きしてるのにも泣けました。
だってさ、「子育てデスか」ってぽつりと一人こぼして、静かにソロを歌い出す村正だったんだよ…それがみんなの居場所を準備して、呼び寄せたりする感じになってるんだ!って思ったら、泣けません!?笑
エッつまりよく考えたらあれ、円盤に残らんのか…!!!なんてこったーーー!!?

  • 誰のモノでもない人生

も~~~~ほんと二人共かっこよかったです!!!
兼さんがさ~~~。途中花道で止まって踊るときがあるんですけど、その時のぐいんってする腰回しが、今まで見たこと無いほどになまめかしくて…「か、兼さん!!??」なった。いやほんと進化しすぎじゃない!!?意味分からんのですが!?なった。やっぱ、若いって恐ろしいわ…
巴さんはもう、間奏のダンスがとくにお美しくてー!うっとり見とれてしまってたな。。
全ての関節を思い通りに動かせるんじゃないかな?って思う。首だけコキって横に倒して、その後に遅れて腰から上の上半身を滑らかに動かす動きとか、あまりにも見事なので見ていて目が幸せ。
この曲は歌詞がとてもとてもツボです。これまた励まされる曲!良くも悪くも全部君のせいだ!

  • Timeline

うえええええええええええん(号泣)
今思い出した瞬間に涙じわ!出てきたので自分に引いてます!
「ご心配をおかけしました。…お陰様でこの小狐丸、また一回り大きくなって、帰ってきました」
…こぎちゃん!!!!!!!!!涙
やっと見ることができた、幻の阿津賀志巴里の二部衣装、本当に素敵だった…まるで貴族のようにノーブルだった…。
三日月よりもわりとこぎちゃん見てたな。目に焼き付けておきたくて。
ラストサビのさ…「僕がいなくてもまた 色鮮やかに君の」を歌うこぎちゃんの表情。胸の内に溢れる思いをそのまま声に乗せるように、心を震わせる歌声を聞かせてくれました。
涼くん自身が舞台に立てなかった苦しい時間の中で得たものがひしひしと伝わってくるっていうか…表現力が比べ物にならないくらいに豊かになったように私には思えてて。
あと大サビ、最後のTimelineだけはハモるんだ…!ってなって、その二人の声の響きの美しさに泣きました。
あとね~幕張の大楽…らぶフェスは曲が終わるとどの曲もわりとすぐにスポットライトが落とされていくんですけど、Timelineの歌い終わり直後、暗くなる一瞬前に、目を伏せて笑ったこぎちゃんが、隣の三日月に向かって本当にごく軽くだけど、とん、って肩を肩にぶつける仕草をしてて。
小狐丸から三日月にそんなこと、めったにやらないから…
「やっと一緒に歌えたね」っていう、そして無事に千秋楽まで来られたね、っていう、思わず溢れ出た喜びの表現だったのかな…って思えて。胸が苦しくなった。
二人で歌うTimelineが聞けて、本当に本当に良かったです。

  • Don't worry, don't worry

どんうぉり~!!!この曲がわたし一番ペンライトどうしたらいいかわかんなくなったかもw
「めっちゃいろんな子がいる!?え、何色!?何色つけたらいい!!?」ってなって、なんか毎回すごいむちゃくちゃな点灯のさせかたしてた気がしますw 自分が何色振ってたか定かじゃないっていう。笑
「くじけそうになる時もあるけど」のところ、花道でいまつるちゃんが体操座りをしちゃうんですけど、元気出せよ!的な感じでそこに絡みにいく安定…ねえ、あれなにやってたの!?笑
手にしていたシャベルを地面にざくっとさすような動き→何かを両手ですくい上げて、その何かをいまつるちゃんの頭上からぶっかけてたんですけど、あれは何だったんだww
わりと花道近くからも見たんだけどわからないまま終わってしまった。笑
メインステージに戻って横いち並びの隊列組むやつ、かわいすぎましたよねぇぇ!!!開いて閉じて、みたいな…!わぁ~!ドテン!ってみんなで転がっちゃうやつ…可愛い…
らぶフェスでどんうぉりできて楽しかったし、一緒に歌い出し「どんうぉりどんうぉり~!」歌わせてくれて本当に嬉しかった!

ラインナップされたという意味では一番驚いた曲かも!まさかのトライアルから選抜キター!!?なりました。福井初日はほんと驚いたもん。そして薙刀と槍という渋すぎる組み合わせ、これぞらぶフェス!感のある意外性が楽しかったな~!
ハッ、イングリッシュネイティブが2人おる!思いながら見てたんですけど、あれぜったいネイティブには歌いにくい全英語詞だよな、と思ったりもした…。笑 anythingの音の当て方とかあれは絶対歌いづらいだろうなとw
「Let's leave the past behind」を歌うとんぼさんがウルトラかっこよかった…。

  • mistake

あああああー!!!!!!!!!ってなりました。唯一、3年連続で歌われた曲となりました…。どうしたって原点、全ての始まりを告げた特別な曲ですものね。
何度でも言うが私のtwitterアカウント名はnuma_mistakeなので…。沼ミステイク、つまりはうっかり刀ミュという沼に落ちてしまったという思いと、その元凶でしかないmistakeの曲名をかけています(やかましいわ)
もうさ~~~阿津賀志巴里の二部衣装でmistakeを踊る三日月宗近って…ほんと…まじで、無理。清々しいほどに思考停止してしまう。
見る前からわかってたけど、ほんと腹立つくらい、アホみたいにかっこよかったな。あまりにもみかちしか見ていないため、いったいmistakeをどのメンバーで歌っていたのかマジでさっぱりわかりません!!!!!
mistakeに関してはもうね。「この夜が明けるまで…見つめないで」のところさ…。あのさ…?ほんと、あなたなんなの!?!!?(推しにいきなりキレんな)
もう、ここまでお美しくおなりになられましたか、と…。平伏するしかないやつで。なにあの顔の半分を手で隠して微かに首を傾けて、からの流し目???意味わかんないんですけど!????!?ハァ!??????!?
自分の顔面の使い方をあまりにも的確にわかってる。もはや凶器と化すほどの美貌。凄まじかった。あれができるのは黒羽麻璃央三日月宗近だけだな、って心から思いましたね…。
基本的にどんなに遠くても踊る全身の姿を見ていたいので、スクリーンではなくて肉眼で追ってたんですが、ここだけはシュッ!っとスクリーンに視線を映し「ギャーーーーーーーー」って叫んでまたステージに向き直る、ってことをやっていた。ハァ…笑
あとな~Cメロに移る前の間奏、三日月はしばらく花道にいるんだけど。リズムが刻まれるのに合わせてジャンプして、腕を「ダンッ!」って上から振り下ろすやつ、去年もやってたんだけど。あれもまた、心底許しがたいかっこよさでした。その時のテンション?気分?によって飛ぶ高さが変わるっぽいんですけど、ちなみにダントツ高かったのは、宮城でした!笑

  • 解けない魔法 (Acorstic ver.)

いやほんと大事件。もはやテロだった(言い方)
清光単騎2018のJackal、あれ伏線だったんかーーーー!!?!なりました。
福井初日の動揺、まじですごかったよね~~~~!!!!!私もガチで仰け反りましたもの…
青江推しの友達が「福井のあと何回も解けない魔法聞いたんだけど、マジで同じ曲に聞こえない、別の曲にしか聞こえない」って言ってて、いやほんとそうよね…ってなりました。
同じ曲でもアレンジと歌うキャラクターによってここまで違う色合いになるんだ!?っていう驚き。
みほとせアダルトお姉さまコンビ、ほんと自重して!!?ってなるどセクシーっぷりだよね。
そして会場を照らし出すどぎついホットピンクの照明。ここは…バーレスク?なります。
あととくにもっくん村正が、どんどん公演追うごとに表現がノッていってて、幕張ではもう完璧に仕上がってましたね…。すっごかった。いちいち表情が反則…。あと、ものすごく当たり前のことをいいますが、歌がうまい!!!!!!笑
青江と村正、なんだろうこう、タイプの違う美人って感じで超いいよね!転げ落ちそうな目をした艶やかな美人と、楚々としているのに色気の滴るような美人。いやーーーーー最高。あの二人を組ませようと思った時点でもう勝利してる。
今回福井と幕張は3連で見ていて、村正+三日月+青江っていう推しの組み合わせだったので、福井初日は「あ、なんか両サイドの人たちが大変なことになってる」って思ってすごくニヤニヤして楽しかったです。笑


~会場替わり曲~(大阪だけ聞けてません!)

  • Versus

これもほんと泣かざるを得ないやつだったね…そして会場代わりといいつつ福井と武道館おなじだったので、しばらく会場代わりの定義がわからずに混乱しましたよね。笑
Timelineのときにも思ったことなんだけど、本当に涼くんの表現力がすごかった。この場に立って歌える喜びが全身から爆発してるように見えました。
ともするとすこし泣きそうな表情にも見えて…!2017では聞けなかった曲だったし、2017の小狐丸のターンはまだライブパートに入る前の一曲目だったので、ペンライトをつけるかつけないか迷うタイミングだったんだよね…。だから今年大きな会場で、一面黄色のペンライトの海を見せてあげられたことが、ものすごく嬉しかったです。

いや~。ソロ曲がどうやら会場代わりだったっぽいっていうのは、宮城初日直後に察知はしたんだけど、なぜか「三日月も歌うかも」って思わなかった私、なんなの?笑
なので「参れ」ってみかちが出てきたとき全力で「え!!?????!」って言ってました。とっさにうまくペンライトつけられなかったもん。。。
この「参れ」が聞けたの、唯一宮城だけだったから本当に行ってよかった~~~;;
あとさ~~~Mirageの歌い方、音源版とライブ版ぜんっぜんちがうんだよー!!!音源になるとちょっとおしとやかなの!よそゆきなの!だけどライブだと、めっっっちゃくちゃ、オラついてるのー!!!それが好きなの!!!!!!涙
「でもそれこそが…ゥライフなのさッ」っていう溜めとがなり方ね。。。あとTell me what you thinkの濁らせ方ね。。。CDじゃ聞けないやつを、つはものぶりにきけて本当に幸せだった…
つはもの本公演はわりと後方の席でしか見られなかったんですが、幸運にも宮城はわりと近くで味わえて「生きててよかった」ってマジで思いました。推しが好きだ!!!!!かっこいい!!!!!!最高!!!!!!!!

  • Real Love

最初にきりっとした一礼をしてから歌い出す蜻蛉切さん、本当に凛々しくて素敵…!
幕張メッセ9-11ホールというサイズの会場であろうがその歌唱力の前にはなんら関係ない。どこまでも朗々と響く歌声、1年ぶりに味わう「歌唱力に殴られるやつ」を体感できて幸せだったな。。
しかもまた今年歌い方に新たなアレンジ入れてきてたもんね!客席がフゥ~~~!!!!って盛り上がってるのも嬉しかったな!
蜻蛉切さんの歌声、聞いてると勝手に笑顔になってしまうんですよね。耳が幸せすぎるので、ペンライトを振りながらニコニコしちゃう。歌のもつ力をここまで味わわせてくれてありがとう…!の気持ちになります。やっぱりあの歌唱力だからこそ、千秋楽の地を任されていそう…!

会場代わり、堀川くんの「アイラービューーーー」だけは聞くこと叶わず、でした…!

  • Shining Night

さすがに刀剣男士がHoly Nightはないよな!?って思ってたら、そっちか~!的な新曲。笑
堀川くんの歌い出しの美しさよ…!!!ウウウ。。。しょごかわくん、本当に流石はアーティスト様でまじで歌声が素晴らしいよね…抑揚というのか、声の使い方がやっぱプロだな!?って感じます。
どうかんがえてもクリスマスソングやな?ってなる曲調がじわじわ面白くもあったんですが、後半になってから出てくる三日月のソロがまたも~そんな甘い声出してから~~~!涙 ってなりました。
そういや三日月、宮城だけはMirageの名残でこのときつはものの二部衣装だったんだよね!
だんだんとステージから男士がひとり、またひとりと去っていき、最後に三日月と堀川くんが残るんだけど、ステージの階段上部から堀川くんを見つめ、ふっと優しく微笑むそのお顔が大好きでした。
そして「シュンッ」って猛スピードで奈落に消えていく堀川くんには本当にざわめいた思い出。

  • To the North

もう、よくぞやってくださいました。私達が見たかったものを…!
刀ミュにおける榎本武揚の使い方として正しすぎる!!!榎本さんほんとかっこいいのにわけわかんなくて大好き、ラブ!!!ってなる。あと、歌がうまい!笑
あとさ~ここの「よう!土方さんにお歴々方!」っていう呼びかけ方な~!?おれきれきがた、っていう日本語選びが最高すぎて爆発してました。
曲が始まってしばらくは「な、なんだなんだ!?」ってなってる元の主ズの皆さんが、Aメロの2回めではすっかり笑顔で踊り出すのが面白すぎて、福井初日まじで爆笑しました。もうほんと、見たかったやつすぎる。ニッコニコで「北へ~♪」って踊る近藤さんとか義経公とか、ほんとあかんでしょ!笑
一部パートの曲ってどんなにノリノリで聞いてても普段は客席でじっとしてなきゃな分、好きなだけペンライト振ってはしゃげるの最高に楽しかったです!
あと後方スクリーンに映る大海原の景色が大袈裟すぎたのも最高やった~!ザッパーーーン!なってた…
歌い終わった後、「北へ行くぞーーーー!!!!」って上手下手の両サイドの通路を猛ダッシュしてはけていくのが定番だったんですが、幕張はまさかのあの超横長の会場であってもなお端まで走ってはけてました…!めっちゃ大変だったのでは!?
福井で目の前を榎本さんが走っていったんだけど、めちゃくちゃ脚が速くてもはや一陣の風になっててそれにも爆笑しました。はーー楽しかった…。

  • だいすき

なんて幸せに満ちた曲なの…。なにが最高って、これも何度も言うけど「だいすきーだーだいすきーだーだいすきーだよー♪」って歌わせてもらえるところ…。手厚すぎる福利厚生。
楽かと思いきや前楽でびっくりしたんですが、三日月にも大好き担当回ってきてうれしかったよ~涙
あのとき「じゃあ、きょうのだいすきとうばんはー?」っていまつるちゃんがいった後、ピシー!って元気いっぱいに手を伸ばして「はい。…はい!」って立候補してる三日月ちょお可愛かったです。気づいてもらいたくて2回お返事してた…
三日月のときは三日月としてしか見てないことが多いんですが、だいすきのとき、割と内側からまりおくんが覗いてしまってる気がしてて、それがまた微笑ましかったっ…!
だいすきーだーだいすきーだーだいすきーだーよー!って推しに言うの、さすがに照れるわ///(うるせえ)
ほんとみんな可愛かったな。。わりとあの曲、歌い出しの時点ではチームというかペアというか、それぞれに縁のある刀同士で一緒にいるんですけど、安定が最初ひとりなんだよね…!涙
「ちぇっ」って感じで一人でしゃがみこむっていうか俯くっていうかそういう感じで、ウワーーー清光がいないからだーーーー!!?なってました…カシューナッツ…かしゅう…きよみつーーー!涙
紅白であんみつ揃うよっ…!!!

  • Million Melodies

もともとアルバムで聞き直して「うわ、これすごく好きな曲」ってなったやつだったんですけど、ほんと良かった!良き曲…!
響き合って、っていう歌詞、らぶフェスの空気感がぴったりで。
上からたくさんのキラキラが降ってくるみたいな、なんだか多幸感に満ちた曲。
また、歌ってるみんながそれぞれにすごく楽しそうなかおするんだよ…!涙
宮城で三日月に会うことができためっちゃ思い出深い曲にもなりました。らぶフェスなんてド広大な会場で会えることのほうが稀だって身にしみてわかってるので、ほんと嬉しかった…!
三日月さん基本元気いっぱいなので、2階がある会場の場合は降りが始まるとすぐに2階にいってたっぽいんですが。イントロが始まってちょっと経った瞬間、ものすごい勢いで笑顔でセンステからガンダッシュしてて、全力!楽しそう!いってらっしゃい!!!ってなったのも思い出深い。全力でダッシュきめる内番着姿の三日月宗近って絵面が、思い出すとじわじわ面白くってつらいな…笑

タオル曲でまさかの新曲だった!楽しかったなぁぁぁ
もちろんタオルぶんまわしたいんですけど、周りの邪魔になってもあれやし!?って思って、イマイチ明確に回せてないんですがw
タオル交換したりしなかったりだったよね~!みんな今年は意外に自分の色持ってる回も多かったかな!?去年はきほん全然違う色しか持ってない、みたくなってたしw
この新曲、当然のようにまったく聞き取れなかったので歌詞が気になる。とりあえずスクリーンに「KIZASHI」って何回も出るから曲タイトルなんやろな、って思ってたら正解だった。なんかとにかくオラァ!って感じだったよね(あまりにも雑な記憶)
間近に来る刀剣男士がみんなそれぞれにかっこよくて可愛くて、終始視界が大変なことになりました。う~~思い出しても楽しかったすぎて!

  • 白刃の月

ウーーーー大好き!かっこいい!この曲も聞けば聞くほどロマンが満ち溢れてることに気付かされる。
今回、やっぱ近藤さんがいるのがまた涙腺に刺激を与えるやつでしたよね。。また近藤さんに会えて本当に嬉しかったヨォ…!
あとねすごく好きだったのが!
「それぞれの夢を」って歌詞を花道で歌ってるときの榎本さんが、一足先にセンステに駆けていった近藤さんと土方さんの背中に刀の切っ先を向けている姿でして…その光景が「夢を追って走り抜けていった人」と「次の時代に役目を背負って残った人」の対比だ…ってなりまして、めちゃくちゃ胸にグッときてました。。いつだって、新選組は風のように駆けていってしまうんだ…!涙

ウゥ。。。もうどうしようもないほどにかっこいい。。。
刀ミュの世界観というか方向性をひとつ明確に決定づけた曲だと思っていて…!
2017と全く同じ演出なんですが、あのぱっきりとしたLEDを背景に、シルエットだけで浮かび上がり「1,2,345! We're countin' just like this!」って歌い出すみんなの姿のカッコよさ、筆舌に尽くしがたい。
あの瞬間に、それぞれが自分が見せられる一番のカッコよさをプレゼンしてくれてる気持ちになるんだけど、あの歌い出し、いまつるちゃんが柱にしなだれかかるみたいなポーズを取ってて、ウワ~その方向性で来るんだ!??さいっこうでは!?って興奮したことを覚えています…!
獣はとにかく振り付けが!ダンスが!好きだ!いや全部好きなんだけど!!!
めっちゃオラオラ踊る三日月、今年もメインステージと花道にいた~!まじで、がっごよがっだ~!涙
どんなに遠くても三日月ばっかり見ていたので他のみんなのかっこいいところほぼ全て取りこぼしました。固定カメラ、どうしてもやめらんない…だって全てを見ていたいんだもん…!
まりおくんの三日月は「全力でやりきることのカッコよさ」を体現してる感じがする。涼しげに美しいお顔なのに、ガンガンに踊り狂っててほんとさいこうなの…そしてお顔はいつでも100%決まっていて「敵いません」なる。アァ~~思い出してダメージを受けた…!かっこいい以外の語彙なんかないのか!??!(ない)
この獣のカッコよさ、2.5次元ミュージカルのイメージを覆すくらいのものを持ってると思ってて。キラキラしてるだけじゃない、もっと熱くて漢気あふれる方向性の魅力も持ってるんだよという…この素晴らしさ、もっと外の世界(?)に広めていきたいので…SONGS OF TOKYOでやったけどカットバージョンだったし、フルとはいわずとも半分くらいは、是非どこかで歌う機会を!お願いします…!



…うわぁ。ライブパート全曲触れたい、って思ったらものすごい字数になって流石に引いています。。だって言いたいことだらけなんだもん…
その2はらぶフェス全体の作りについてまた熱く語り直そうと思ってます!字数はたぶん減るはず…笑
年内に書きたいテーマが渋滞起こしてて大変だ、全部書ききるぞ~がんばる~!