こたえなんていらないさ

ミュージカル『刀剣乱舞』を実家とする舞台オタクのブログです。推しとご贔屓がいます。

「断然、君に恋してる!」んだな~!だった真剣乱舞祭2022・肥前忠広の思い出

本当に心の底からこんはなずではなかったのだ。そう言い続けていたお祭り期間が、遂に幕を下ろしました。
2ヶ月かけて10都市を回る大編成での公演が、この期間に予定通り完走できたことは本当に快挙だと思います!めでたい!何度でもお祝いしたい!
真剣乱舞祭2022大千秋楽、本当におめでとうございました!!!

当然のこととして、演目全体への感想を書きたいのですがその前にこの感情を言葉にしないと先に進めない!となったので、
界隈を全力で騒がせる超人気刀剣男士に躍り出た肥前忠広くんについて書きます!
ご多分に漏れず、私も本当に大変なことになってました。江水の時点で既に完敗していたところではありますが、らぶフェス期間での「恋」の加速度がやばかった。
何がそんなにどストライクにぶっ刺さってしまったのかを書くぜ!という記事です。

まずは面白がりの人格で書くね!(どういう宣言?)

現実が妄想を超えてくる、それがミュージカル『刀剣乱舞』。肥前くん in 断然!

6月になって現れた大事件セトリこと「断然、君に恋してる!」ですが……。いやそんな……そんなことある……???(おさまらない動揺)

断然、君に恋してる!

断然、君に恋してる!

自分でもどうしてなのかさっぱりわからないんですが、わたし江水大楽の頃から肥前くんに断然!を歌ってほしかったみたいなんですよね。
いや怖いよ。夢叶ってんじゃないよ。どうしてそうなるんだよ。たぶん江水散花雪のペンライト曲「ALL FOR ONE」が可愛すぎたせいなんでしょうか、なんなんでしょうか……?ウケるというか、本気でもはや怖いよ。笑


ハイテンポで3分ぴったり?くらいで終わってしまうほんとあの一瞬の間に、ものすごい勢いでオタクの情緒をかき乱していく肥前くん。
断然!まではなんとか無事だった人たちのことも、抵抗むなしく多数陥落させたのではないかと感じます。あの6月以降の勢い、本当に異常だったなって。笑
福岡公演の配信を見ていたマブから速報が入ったとき以来、まじで現地での<死>を覚悟して臨んだんですが、
実際に見ると「なんで俺まで!!!」って不満を顔で述べながらも、しゃかりき全力爆踊りするそのギャップが本ッ当に面白すぎて可愛すぎて、むしろ爆笑しながら見てしまっていました。なんであんな面白いか!!?


Aメロはさ、めちゃくちゃ真面目に全部ちゃんと踊るよね!お陰で一番の被ダメポイントはAメロだったよね!?
ていうかそもそもあの「ヘイガール!」、なにごと!??
嫌そうかと思いきや、初っ端そんな真剣に指ひらひらまでさせて全力で\へいがーる!/はしてくれるんかい!?なって、配信で初めて見たとき頭おかしくなりました。むせた。
その後間髪入れずに俊敏に前髪切るし(※そういう歌詞なので)、「そう君は天使」の、あの両足そろえて前かがみで顎の下に手を添えるポーズの可愛さで既に無い正気を改めて失うし、
「呆然!」の首をくいくい横に振る動きで丁寧にとどめを刺された挙げ句、「始まってたマイラブ」のあの深すぎるのけぞりには心臓とまりかけるし……いやだから、ほんとなに?!……みたいな感じで、Aメロはまじで毎秒ごとに命を取られておりました。すごいんだもん。全フレーズ全力。その全身を余すところなく収めた推しカメラ映像が心底欲しいです。売ってくれ。。

そのあとのBメロ「あいあいあいそ笑いでも~♪」あたりからだんだん世界観がおもしろに寄っていくのですが……だって歌ってる人のまわりをくるくる回って\パン!/手を叩くの、シンプルにおもろすぎん?笑(パン!の勢い良すぎて配信のマイクに音拾われとんの笑った)、
なんかもう最終的に可愛い VS 面白い、どっちの時間帯も、頭の中には「最高!」しか残りませんでした。
ほんとさ、そもそもだけど「照れ笑いからの♪」が「でれ゛わら゛いがら゛の!?」には、普通、ならんのよ!!!笑 私が知ってる断然じゃないすぎたよ!笑
曲想を表現するのが爆裂得意であるところの肥前くん、ひとたび曲と気が合わないとみると「なんで俺が!!」って曲破壊しにくる→不満ゆえにやけくそ爆踊りするの、本当に最高のアプローチで天才か!!?ってなってました。天才だと思います!!!大好き!!!


という、面白がりの人格で言いたいことをまず書いたよ!
ここからは趣向を変えて真面目な人格を引っ張り出すね!

音楽を、歌詞を空間に紡きだすように踊る、その表現力のポテンシャル

肥前くんのダンス・踊りは、とにかく「音楽を可視化する」力が凄まじく強いなと感じます。
その体の動きから、手の仕草から。全身の動きを見ていると、その場に流れる音楽そのものがはっきりとその「体から」聞こえてくる気がする瞬間が本当に沢山ありました。


その背景には、おそらく純粋に「音ハメの精度が高すぎてえぐい」っていう技術的な側面も多分にあるのですが(例として挙げるなら「お前が知ってる」1番Bメロのギター音と拳のシンクロが最高だとかそういうやつ)、でもそれだけじゃ説明のつかないものが沢山あって。
単に技能としてのダンスがうまいというシンプルな話なんじゃなくて、
その全身を使って、この場面・この曲を自分はこう表現したい、がとてつもなく雄弁で明確なんだなぁと感じます。
体の内側に、表現したいものがたくさん溢れていることがわかるというか。その在りようにものすごく心を持っていかれました。
それはすなわち、肥前忠広を演じる石川凌雅くんの表現力のポテンシャルの高さに他ならないんだろうなと思います。*1


たとえば、かみおくりの「風が運ぶは 花びら 落ち葉」の、あの兼さんの歌い出し。
外を向いた円の陣形を組む刀剣男士たちがその歌に合わせて踊るのですが、私の目には、肥前くんの両の手の動きに、はっきりと「花びら」と「落ち葉」が見えました。
宙を掬うようにひらり、ふわりと広げられる腕と手のひらが、風に乗って舞い落ちる鮮やかな花弁と乾いた落ち葉を、その瞬間にふっと出現させていた。


船に乗り現れた将門公を仰ぎ見る、片膝をついた姿勢に滲む畏怖も、
「ならば共に吹き荒れろ」を聞いている、”その時”を待ち受ける前傾姿勢の静止も、祈りを込めた渾身の雄々しい舞姿も。
どの瞬間も、本当にあまりに力強くて美しいので、見るたびに本気ではっとさせられていました。
音楽+歌詞で表されるその世界にぴったりと過不足なくはまりこんで、その世界を表現するためにここにいるのだと感じさせられる全身表現。


2部曲で言うと、「約束の空」が本当にどうしようもなく好きでした。
もともと葵咲本紀の頃から大好きだった曲。ラスト、他の5振りが階段で歌っているところでダンサーさんと一緒に爆踊りしている時間の「I'll never forgetが、どうしてもその言葉どおりの形にしか見えなくて。
見るたびに「あぁ、今日もまた肥前くんがI'll be forgetのかたちをしている……」と訳のわからない感慨を抱いて嘆息していました。そんな君の姿をこっちがI'll never forgetだわ、と思った。
両腕の鮮やかな動きは明らかに”瞬きもせず心留め”てるし、約束のことめっちゃ刻み込んでるし。
歌詞をひとつも取りこぼさないといった意志を感じるあの動きのすべて、何度見ていても飽きることがなかったです。


これはめちゃくちゃに個人的な余談ですが。
その”全身”の動き、主にダンスで表現されるものを、とにかく感覚すべてつかって受け取っていたい!っていうタイプのアンテナは、ここ2年弱で完全に贔屓*2を見ることによって磨かれたところがあります。
もちろんふたりのタイプは全くもって違うんですけど、贔屓のダンスを見ている時にしか起きないと思っていた「体から音楽が聞こえる」瞬間が、肥前くんを見ていてたくさん起きたことに個人的にすごく驚いたのでした。
いや勿論ほんとに全然タイプは違うのが大前提だけど、「踊る姿から音楽が聞こえてくる人、ここにもいたーー!!?」ってなったのが……いやこの驚きというか衝撃、完全に自分ひとりにしか伝わらないやつすぎてアレなんですけども!笑
何が言いたいかと言いますとね、
自分の中に好きが増えると、それにつられて「感受性の幅もいつの間にか広がる」ということでもあるのかなって思ったんです。
”好き”はその仲間を呼ぶというか、本当に色々全部つながっていくんやな……と感じる事象が他にもあったりしていて、何か/誰かを好きになることは、やはりどうしたって奥が深すぎる!

「好き」がクリティカルヒットすると、その後になにがおきるか

最初の記事で「クリティカルヒットの向こう側」って書いてたんですけど、
anagmaram.hatenablog.com

つまりそれくらいやべえよ肥前くん!!!完敗です。クリティカルヒットの向こう側には、本当に何があるんでしょうか……?

【ネタバレあり】刀ミュ 真剣乱舞祭2022(らぶフェス)初見 in 愛知公演の感想という名の、衝動なぐり書き - こたえなんていらないさ

向こう側の結果がコレ ↓ でした。


何があるんでしょうか?じゃあないのよ!笑 一級フラグ建築士、すな!
心から自分に対して「お前は本当になんなんだ?」という気持ちなんですが、
肥前くんだけを見つめるために通った(としか言えないよね)、今年の真剣乱舞祭、もう楽しくて楽しくて仕方なかったです。
どの席で見てても、自分の目で今この瞬間に生み出される輝きに立ち会えているその事実だけで、ただただ最高に満ち足りて幸せでした。楽しいしか無い!悔いも無い!


獣のラスト、ポイを握ってメインステージの一番上手端で大サビを踊っているところ、キラキラした光の粒がポイの表面を走っていくみたいなグラフィックが流れるときがあって。
噴き上がる火柱の向こう側で、その光の粒が走るポイを握って全身を躍動させる肥前くん。そのポイの効果と相まって、もはや肥前くん自身から眩しい光が爆発しながらこぼれ出してるみたいに見えて、その光景のあまりの完璧さに思わず息を呑みました。
「ウワーー!!!肥前くんが発光してる!爆発してるー!!!綺麗ー!!!」って思った。まじであの瞬間も、肥前くんが音楽と一体になっていた。
真剣乱舞祭2022での忘れられない光景のひとつです。
その一瞬にしか見られない、刹那の輝きが鮮やかに具現化されたようなひとときで、脳裏に強く焼き付きました。


6月26日をもって、いったんはそんな肥前くんともお別れになりました。
もうあのタオルとリボンの売り切れ速報を聞くこともないのね……と思うとまずそこにしんみりしたよね。
当日はさみしすぎてもっと取り乱すかなと思ったのですが、演じるご本人がすごく清々しいツイートをしていたので、お陰で吹っ切れた気持ちで楽日を過ごすことができました。

次に肥前くんに会える可能性が高いのは、どうやら2023年9月に富士山の麓で……?が濃厚みたいですが(相変わらずのこのスケールの訳のわからなさ、またしても爆笑してしまった)、
この先もしばらく刀ミュくんにはこれまでどおり好き勝手翻弄されて楽しく過ごせたらいいな!と思います!!


まさに「断然、君に恋してる!」な感覚で過ごしたこのお祭り期間、熱に浮かされるゆえの謎の充実感と幸福感に満ちてました。
最終的に荒ぶる感情の行き場がなさすぎて、ブロマイドデコったりピアス自作したり、本当にありとあらゆることをやり尽くしたもんね。いやぁ楽しかったな……!?

また次に会える機会を楽しみに。
本当にありがとう肥前くん!大好きだよ肥前くん!また会おうね肥前くん!

千秋楽を見終えた後に、代々木第一体育館前にて

*1:書ききれなかったけどあの、エレキギターね……あそこもやっぱり自分のものにしていたし、手段はなんであれ「表現する」その力が凌雅くんの身の内にはぎゅうぎゅうに詰まっているんだなって実感しました。

*2:贔屓=宝塚花組トップスター柚香光さんです